ひどい 二日酔い 治し方

ひどい二日酔いの治し方

スポンサーリンク

お酒を飲みすぎるとひどい二日酔いになってしまうことがあります。
ひどい二日酔いの症状としては、脱水、吐き気、頭痛、筋肉痛など、様々なものがあります。
これらの症状の治し方としては、一概のこの方法が有効であるというものではなく、それぞれの症状や原因に応じた治し方を適用することで、治すスピードを速めることができます。
ひどい二日酔いの原因として挙げられる主な原因は、アルコールを大量に飲むことによって陥る脱水症状と、体内に残存したアセトアルデヒドの毒素です。
以下では、これらの原因に分類して、その治し方について説明します。
アルコールには利尿作用がありますので、ウイスキー、ブランデー、テキーラなどのアルコール度数が高いお酒を飲みすぎると、体内の水分が失われて脱水状態になってしまいます。
その結果、頭痛、だるさ、吐き気、食欲不振などのひどい二日酔いの症状が発生してしまいます。
脱水による症状の治し方としては、水分を十分に補給することです。
補給する水分としては、スポーツドリングが特に適しています。
スポーツドリングは人体への吸収性に優れるように設計されたドリンクですので、吸収性に優れます。
また、他にも利尿によって失われたナトリウムなどの栄養素を含んでいるため、ひどい二日酔いの治し方としては最適です。
他にも、フルーツジュースは栄養バランスに優れ、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解を促進しますので、ひどい二日酔いの治し方として有効です。

スポンサーリンク

お酒を飲むことによって摂取したアルコールは、まず、肝臓にあるアルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドに分解されます。
アセトアルデヒドはさらに脱水素酵素によって分解され、最終的には二酸化炭素と水になって体外に排出されます。
しかし、過剰のアルコールを摂取した場合、体内で生成したアセトアルデヒドを適切に排出することができなくなります。
そして体内に残ったアセトアルデヒドは、その毒性によって頭痛や吐き気などのひどい二日酔いの症状を引き起こします。
アセトアルデヒドが原因で生じるひどい症状の治し方としては、アセトアルデヒドの排出又は分解を促進する治し方が有効です。
まずは、脱水症状の対策と同じように、水分を十分に補給することが大切です。
水分補給によって利尿を促し、アセトアルデヒドの排出を促進することができます。
そのときに補給するドリンクは、お茶やコーヒーなどの利尿作用のあるものが適しています。
ただし、コーヒーなどはカフェインによる胃への負担がありますので、胃の調子がよくないときは、ミネラルをーターやスポーツドリンクが適切です。
また、特定の栄養素を積極的に摂取してアセトアルデヒドの分解を促進することも有効です。
例えば、フルーツに含まれるビタミンCは、アセトアルデヒドを分解する効果がありますので、ひどい二日酔いのときには、フルーツを食べたり、フルーツジュースを飲む治し方が効果的です。

スポンサーリンク