酒 酔い 吐き気 対処法

飲酒による吐き気などの二日酔い対処法

スポンサーリンク

お酒は楽しく適量を守って飲むことが大切ですが、ついつい飲みすぎてしまって翌朝に吐き気を催すということは誰しも一度は経験があることでしょう。
二日酔いの対処法は症状により違いがあります。
吐き気に対しての対処法は、我慢せずにすべて吐いてしまうことです。
吐き気は二日酔いの代表的な症状で、アルコールの利尿作用による脱水が原因の場合や、アセトアルデヒドという物質が肝臓で分解されることで不快症状として吐き気をもよおすことがあります。
またアルコールが胃に刺激を与え、その刺激により胃酸が過剰に出てしまい、吐き気が起こることがあります。
二日酔いで嘔吐の症状がある場合はまず水分補給をしましょう。
水分をたくさんとることで代謝があがり、血液中のアセトアルデヒド濃度を薄めることが可能です。
水分を多くとりお酒や胃の中の食べ物を出し、また水分をとりましょう。
水分がとれないほどの体調悪化の場合は、病院を受診することも検討しましょう。

スポンサーリンク

その他の対処法として、スポーツドリンクなどのナトリウムやミネラルを含んだ飲み物を摂取することも有効です。
また、水分と塩分を取ることで回復が早くなると言われています。
味噌汁やスープなどを取ることも効果があります。
その他、トマトジュースや梅干し・クエン酸などを含んだレモン水なども効果があります。
飲酒により肝臓は酷使されています。
肝臓はビタミンCにより負担が軽減されます。
フルーツをたくさん取ることも肝臓に効き目があり体調回復にも効果があります。
食べ物では昔からしじみが肝臓をいたわり働きを助ける成分として有名です。
また大根も消化酵素が多く含まれ、ビタミンCもとれます。
大根を生かした料理や大根おろしなどを取ると二日酔い改善に効果があります。
二日酔いを防止するには飲酒量を控えることが大切です。
いったん飲んでしまうと酒量が進んでしまうというタイプには、サプリメントやウコンなどを事前にとって予防することも必要です。

スポンサーリンク