アセトアルデヒド 分解 食べ物

アセトアルデヒドの分解を促す食べ物で飲酒対策

スポンサーリンク

アルコールを摂取することで、吐き気や胸焼け、頭痛などの二日酔いの症状が現れやすいものの、症状は1人1人で違いが見受けられます。
吐き気などはアルコールを代謝する途中、アセトアルデヒド物質が血液中に残っている際に引き起こり、胸やけはアルコールによる刺激が粘膜にダメージを与えることで胃酸の分泌も過剰になり、不快な症状を招きます。
アセトアルデヒドの分解までの時間も個人差があり、飲んだ日の翌日まで残る人も少なくはなく、分解を助けるためには食事に気を付けるのもポイントで、刺激物を避けることは重要視したい内容です。
しかしながら、飲んだ後の身体は脱水症状を起こしやすいため、食事が摂れない場合には通常よりも多めの水分を補給しておきます。
また、辛い症状の場合には市販薬を用いり対応することも時として必要です。
肝臓や胃腸はアルコールやアセトアルデヒドの分解に活躍するため、消化のよい食べ物や分解をサポートする食べ物を選ぶことも大切です。

スポンサーリンク

特に、飲酒後や翌日の朝にオススメなのは味噌汁で、味噌にはコリンと呼ばれる成分が含まれており、弱まった肝臓の働きで脂肪として蓄積されやすいアルコールを分解する手助けを行います。
また、具にはアミノ酸の一種のオルニチンの働きで肝臓の機能を高めるしじみが最適で、二日酔い対策や疲労回復に期待できます。
さらに枝豆に含まれるたんぱく質にはアルコールの分解を助ける効果がある他、ビタミンやカルシウムも豊富でアセトアルデヒドによる不快な症状を抑制させられます。
その他、二日酔いの症状を緩和する食べ物として柿が最適で、タンニンやカタラーゼを含んでいるためにアルコールの分解が促される利点も挙げられます。
居酒屋メニューを上手く取り入れることも悪酔いを予防できるポイントで、柿をお酢で和えたなますや、大豆から作られた豆腐で冷奴などが対策メニューです。
シメに中華麺を食べる率は高いものの、塩分や脂質が多いため、あっさりしたお茶漬けや蕎麦などに置き換えるのも対策の1つです。

スポンサーリンク