酒 頭痛 バファリン 効果

お酒の飲み過ぎによる頭痛にバファリンは効果があるのか

スポンサーリンク

飲み会などで飲み過ぎてしまった翌日に、頭痛や吐き気などで辛い思いをしたことがある人は多いと思います。
いわゆる二日酔いですが、本人としては辛いのですが原因が原因だけにあまり人から同情されにくいものです。
そもそも二日酔いとは何かといえば、実のところ詳しくは分かっていない部分があります。
一般的に昔から言われているのは、肝臓でアルコールが分解される時に生じるアセトアルデヒドが原因というものです。
アセトアルデヒドは強い毒性を持っているのですが、このアセトアルデヒドは最終的には酢酸に分解されて無害化されます。
ただお酒を飲み過ぎることでアルコールの分解能力が追い付かなくなり、血中のアセトアルデヒド濃度が上がることでいわゆる悪酔いの状態になります。
そしてそのアセトアルデヒドが体内に長く残って翌日に持ち越される形で、結果的に二日酔いになるといわれます。
ただ最近の研究では、アセトアルデヒドだけが二日酔いの原因ではないといわれており、二日酔いの原因の一つであると考えたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

二日酔いに多い症状としては吐き気や頭の痛みがありますが、通常頭痛になった場合にはバファリンなどを服用して対処する、という人は多いですが、お酒の飲み過ぎによる頭痛には効果があるのでしょうか。
お酒の飲み過ぎで頭痛がするというのは、先述のアセトアルデヒドの影響もありますが、アルコール自体が血管を拡張するというのも原因となります。
つまり頭の血管が拡張することで周囲を刺激し、頭痛の原因となるのです。
こうしたアルコールによる血管の拡張という意味で言えば、バファリンなどの薬は痛みを和らげる効果があると言えます。
ただ注意したいのは、アルコールの過度な飲酒によって内臓に大きな負担がかかっている可能性がある点です。
一般的に痛み止めというのは内臓に負担をかけます。
その点バファリンというのは胃腸にやさしいとされていますが、アルコールによって弱まった胃腸には少なからず負担がかかってしまう可能性もあります。
頭痛の痛みを和らげる効果はあるかもしれませんが、吐き気などの症状にとっては逆効果になる危険もあるので注意しましょう。

スポンサーリンク