二日酔い 手足のしびれ 原因

二日酔いで手足のしびれが起こる原因と対策方法について

スポンサーリンク

二日酔いになると、手足のしびれがいつまでも残ることがよくあります。
このしびれの原因は、アルコールを分解するときに発生するアセトアルデヒドという物質が関係しています。
アセトアルデヒドは、血管を収縮させるという毒性を持っている物質で、血管を収縮させることによって血液を奪い、手足のしびれを起こすという作用があります。
アルコールにはもともと血管を拡張するはたらきがあるのですが、分解されるときに急速に収縮しようとするはたらきが起こるため、しびれなどのはっきりとした症状が現れるのです。
特に手足など身体の末端は、血液の循環が悪くなりやすいためより症状が出やすいです。
身体の中にこのアセトアルデヒドが残っている限り、血管が収縮し続けるため手足のしびれは慢性的に続いてしまいます。
二日酔いで手足のしびれが起こっている場合は、アルコールを分解するスピードに対して飲む量が多いというサインでもあるので、飲み過ぎには注意が必要です。

スポンサーリンク

二日酔いで手足のしびれが残っているときの対処法は、しびれの原因となっているアセトアルデヒドを身体の中からなくさなければなりません。
アセトアルデヒドが残っているということはアルコールの分解が終わっていないということなので、アルコールの分解を手助けしてあげましょう。
アルコールを分解するために効果的なのが、ウコンドリンクやトマトジュースを飲むということです。
ウコンドリンクやトマトジュースには、アルコールの代謝を促進するという効果があると言われています。
こういったものを飲んで安静に過ごすことが、症状を改善するために手っ取り早いと言われています。
また、ウコンジュースはアルコールを摂取する前に飲むのが最も効果的であり、二日酔いをあらかじめ予防する方法でもあります。
また、手足のしびれの原因であるアセトアルデヒドが残った状態のまま放置してしまうと、そのまま身体の中に残り続ける可能性も出てきます。
自分でマッサージを行ったり血行を促進する対策を行ったりしましょう。

スポンサーリンク