吐き気止め 薬 種類

二日酔いの吐き気の原因や有効な吐き気止めの薬の種類について

スポンサーリンク

二日酔いの症状で多いのは吐き気です。
吐き気が起こる原因をいくつか説明します。
アルコールには利尿作用があり、その効果によりナトリウムが体内から出てしまいます。
それにより血液中の水分が減ったり、血流が減少し、消化器系の機能が落ちることで吐き気がおこります。
低血糖が起こっていることが原因でもあります。
アルコールの分解に糖が使われて、低血糖の症状の吐き気が現れているのです。
アルコールが分解されてできるアセトアルデヒドの毒性のため吐き気が起こります。
多量のアルコールを摂取すると、分解に時間のかかるアセトアルデヒドが長い時間体内にあるため吐き気が起こります。
アルコールが胃を刺激し吐き気が起こることがあります。
以上の原因には、まず水分補給です。
脱水の緩和のためや、体内のアセトアルデヒドの濃度を下げるために水分を取る必要があります。
低血糖の吐き気には、砂糖よりも、果物に含まれる果糖が効果的です。
特にオレンジジュースが優れています。

スポンサーリンク

吐き気がひどいときには薬を利用する方法もあります。
吐き気を止める薬には、吐き気止めと、胃炎を抑える薬などの種類があります。
吐き気止めは、乗り物酔いの薬ですが、種類によっては効果がないものがあります。
胃炎を抑える薬には、ドリンクタイプのものが有名です。
漢方薬でも吐き気を改善することができます。
五苓散という漢方薬で、病院でも処方されています。
アルコールの摂取で、吐き気やお腹を壊す人に向いています。
飲酒の水分を溜め込んでしまっているので、利尿作用で余分な水分を排出することで吐き気を改善します。
Lシステインを服用する方法もあります。
有毒なアセトアルデヒドと結合し、無毒な成分にし尿と一緒に排出します。
また、Lシステインがアルコール分解酵素とアセトアルデヒド分解酵素の働きを助けることで、吐き気を改善します。
飲酒の後に服用します。
以上の種類の対処法がありますが、吐き気止めを使用するほど飲むのは控え、自分の適量を守ることが大切です。

スポンサーリンク