吐き気 寒気 頭痛 熱なし 対処法

二日酔いによる頭痛や吐き気や熱なしの寒気の対処法について

スポンサーリンク

前日にお酒を飲み過ぎた場合、熱なしなのに頭痛や吐き気、寒気が起こる可能性があります。
二日酔いによる頭痛の原因は、アルコールの血管拡張作用や、アルコールが肝臓で分解されてできるアセトアルデヒドという物質によるものです。
二日酔いによる吐き気の原因には様々なことが考えられます。
アルコールの利尿作用によって水分が奪われ脱水症状になる、身体の中に残ったアセトアルデヒドの作用、アルコールによる胃酸過多などの原因が挙げられます。
頭痛や吐き気を起こさないためには、お酒を飲み過ぎたと感じた日は水分を多めに摂取するように心掛けましょう。
水分を多めに摂ることによって二日酔いの症状が軽減されやすくなります。
吸収されやすいスポーツドリンクや、頭痛を改善する効果があると言われているカフェインが入ったコーヒーや緑茶などがおすすめです。
また、アセトアルデヒドを分解する手助けをするオルニチンを含んだ食べ物を食べたり、胃酸過多を防ぐために重曹水を飲んだりすることが対処法として挙げられます。

スポンサーリンク

二日酔いでは頭痛や吐き気だけではなく、熱なしの寒気も感じる場合があります。
二日酔いのときに起こる寒気の原因は、アルコールの血管拡張作用によるものだと考えられています。
アルコールには血管を拡張するはたらきがあり、血行を良くするという効果があり、お酒を飲んだ後は体がポカポカと温まります。
しかし急に体温が上昇すると、生命維持をしようとするはたらきが起こり、身体の中から熱が放出されます。
これによって寒気が生じるのです。
風邪などによるものではないため熱なしの状態で起こります。
二日酔いによる寒気の対処法としては、無理をしないで身体を休めるということが大切です。
水分を多めにとり、しっかりと身体を温めて睡眠をするようにしましょう。
身体を温めるために生姜紅茶を飲んだりお風呂にゆっくり浸かったりすると良いです。
また、お酒を飲みすぎないように自分でコントロールをするということも予防や対処法のひとつです。
お酒を飲む前にはウコンドリンクを飲んでおくなど工夫をするようにしましょう。

スポンサーリンク