頭痛い 表面 原因

頭皮の表面が頭痛い原因について

スポンサーリンク

頭痛い原因には、いろいろな原因が考えられるのですが、頭部の表面痛の原因として「三叉神経痛」が挙げられます。
三叉神経は、脳の中心部から出ている3本の大きな神経であり、顔の感覚を支配する神経でもあります。
3本のうちの1本は頭頂部に、1本は額に、1本は上瞼の周辺に通っていますので、三叉神経痛を発症すると、生え際あたりの頭表面が痛むようになります。
 三叉神経痛の最大の原因はストレスとなります。
症状としては、起床時に頭皮など表面の頭痛いと感じることが多く、頭皮がピリピリとしびれるような感覚を伴います。
このような頭痛い症状は、男性よりも女性の発症率が高く、40代以降の中年女性に多い表面痛となります。
 三叉神経痛は、前述しましたように、ストレスなどが原因で自律神経のバランスが崩れてしまい、その結果、筋肉が硬直していまい神経を圧迫することによって痛むようになります。
筋肉が硬くなるということは、頭皮も固くなるということですので、頭皮の血行が悪くなってしまい、栄養が十分に行き渡らなくなり、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

スポンサーリンク

 抜け毛や薄毛を予防するためにも、ストレスや疲労を蓄積させずにうまく緩和させるようにする必要があります。
ストレスをうまく発散させることができると、頭の表面痛の発症リスクを軽減させることもできます。
ストレスの発散方法は人それぞれなのですが、自分が楽しいと感じることや癒やされていると感じることを見つけることが大切です。
また、睡眠をしっかりと摂るということも、自律神経のバランスを保つためには必要不可欠です。
 1日中パソコンの前に座ってデスクワークをされる方は、眼精疲労がたまりやすく、三叉神経痛の発症リスクも高くなる傾向があります。
適度に休憩を摂り、外に出て散歩するなどが有益な対処法となります。
また、身体を錆びさせる活性酸素を除去する作用や、疲労回復効果のある栄養素であるビタミンB群を、意識して摂るようにしましょう。
ビタミンB群はフルーツに豊富に含まれている栄養素となります。
毎日フルーツ摂ることが難しいという場合には、手軽に摂取することができるサプリメントをおすすめします。

スポンサーリンク