頭痛 左側頭部 ズキン 対処法

左側頭部がズキンとする二日酔いの頭痛の原因や対処法

スポンサーリンク

アルコールを摂取すると二日酔いになることがあります。
二日酔いには、いろいろな症状があり、吐き気やだるさなどがありますが、頭痛を感じる人が多いです。
アルコールを摂取したときの頭痛にはいくつかの原因があります。
まずは脱水症状です。
アルコールの利尿作用により、体の水分が減少してし頭が痛くなります。
低血糖になることもあります。
アルコールの分解のために糖が使われてしまい、体内への糖の供給が十分でなくなるため、低血糖になることがあり、頭が痛くなります。
アルコールが分解されるとアセトアルデヒドという成分になりますが、これはとても毒性が強い成分です。
その毒性によって頭が痛くなります。
アルコールや、アセトアルデヒド、日本酒に含まれるアデノシンといった成分は、血管を拡張させる作用があります。
少量であれば緊張して収縮した血管を拡張するので気分を高揚させてくれます。
ですが血管が拡張している状態が長時間続くと頭痛となってしまうのです。

スポンサーリンク

二日酔いの頭痛の中でも左側頭部だけズキンズキンと痛むことがあります。
これは、実は偏頭痛が起きているのです。
偏頭痛は字の通り左側頭部など頭の片側で痛みます。
偏頭痛はズキンズキンと脈を打つような痛みが特徴です。
なぜ起こるのかと言うと、アルコールやアセトアルデヒドなどの血管拡張作用が原因です。
血管が長い時間拡張していると炎症が起きてしまい、痛みを感じます。
左側頭部など、頭の片側に痛みを感じたときの対処法は、血管を収縮させることです。
冷やしたり、コーヒーなどでカフェインをとります。
カフェインにも利尿作用があるので、スポーツドリンクなどで水分補給をすることも必要です。
アセトアルデヒドを薄めるためにも水分補給が必要です。
飲酒による低血糖の対処法で適しているのは、オレンジジュースを飲むことです。
素早く糖の補給ができます。
ただし、ワインやウィスキーなどの二日酔い原因が違うので、オレンジジュースなど果物は避けます。
このような対処法を知っておくのも大切ですが、二日酔いにならない量を守ることが一番大切です。

スポンサーリンク