二日酔い ご飯 食べた方がいい

二日酔いの朝こそご飯は食べた方がいい

スポンサーリンク

飲みすぎた翌日、二日酔いの状態で起きた時は食欲がなくてもご飯は食べた方がいいといわれています。
なかなか二日酔いで起きた際に食欲はわいてきませんが、体のためには必要なのです。
アルコールを体の中に摂取すると、胃や腸で吸収され血液中に含まれてそして肝臓に送られます。
肝臓に運ばれたアルコールは糖分や酸素の助けを得て分解されます。
その時に糖分が不足してしまうと、二日酔いになりやすくなるのです。
また、二日酔いの朝には体は糖分不足となってしまいます。
ですから、ご飯を食べることによって糖分を補給することが必要になるため、食べた方がいいと結論付けることができるのです。
ご飯を食べることにより糖分不足で下がっていた血糖値を上げることができ、胃腸の荒れを防いでくれます。
分解されたアルコールは、尿として排出されますがその尿には、様々な栄養素が含まれています。
尿として体に必要な栄養素が排出されてしまうため、ご飯を食べた方がいいのです。

スポンサーリンク

アルコールを摂取する際に、きちんと食事を摂っていれば二日酔いも防ぐことができます。
ただ、二日酔いになってしまった場合に食べた方が良いものがあります。
まずは、ご飯やパンですがどうしても食欲が出ないという場合はおかゆやパン粥など、やわらかくしてあげると食べやすくなります。
胃腸にとっても負担をかけることなく、しっかりと栄養素を摂取することが出来るためおすすめです。
おかゆやパン粥を食べる際に一緒に摂取すればよいものは卵です。
卵にはアルコールが分解されてできる、アセトアルデヒドという成分の分解を促す働きがあるからです。
このアセトアルデヒドが体の中に残ってしまうと、いつまで経っても二日酔いを解消することはできません。
卵には、Lシステインという成分が含まれていますがこれがアセトアルデヒドを分解する酵素を活性化する働きをしているのです。
また卵には血中のアルコール濃度を低下させる働きのあるアミノ酸も含まれているため、一緒に食べると効果的です。

スポンサーリンク