頭痛が続く 何科 病院 受診

頭痛が続く時には、病院の何科を受診すればいいのでしょうか

スポンサーリンク

「頭痛が続く時には、病院の何科を受診すればいいのでしょうか」という質問に対する答えは、頭痛専門の頭痛外来が受診する科の第一選択肢となります。
頭痛外来が近くにない場合には、病院の神経内科か脳神経内科を受診するようにしましょう。
何日も頭痛が続く、繰り返し頭痛に悩まされるという場合には、病院の一般的な受診科である内科では対応しきれない場合も少なくありません。
 文字通り頭痛外来は、頭痛に特化した診療科となります。
また、頭痛が続くいわゆる慢性頭痛の原因は、脳や脳の周辺の血管や神経、筋肉などの炎症が原因となりますので、頭痛外来以外に選択する受診科としては、神経内科や脳神経内科をおすすめします。
 いつもと違う頭痛が起きた場合には、くも膜下出血や脳出血など、命にかかわる重篤な病気が原因の可能性が高くなります。
この場合には何科を受診するという選択をする前に、一刻を争う状況となりますので救急車を呼ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

 頭痛の情報は自覚的なものとなりますので、医師に正しく状況を伝えることが難しいというのが実際のところです。
頭痛外来を受診すると、毎日の頭痛の状況を記録する頭痛ダイアリーをつけるように指導がなされます。
この頭痛ダイアリーは、効率よく医師に頭痛の情報を伝えることができる有益なツールとなります。
 頭痛ダイアリーには、頭痛の頻度、症状、痛みの強度、持続時間、薬物の治療効果生活への支障度などを記入するようになっており、診察時にこのダイアリーを医師に見てもらうことによって、つらい頭痛の症状を正確に医師に把握してもらうことが可能となりますし、自身の頭痛をよりよく把握することもできます。
 問診のみでは医師が患者さんの頭痛の状況を正確に判断することが難しいので、そういった観点からも頭痛が続く時に何科にかかるのかについては、頭痛外来をおすすめするというわけです。
頭痛のタイプに応じた服薬や、内服のタイミングなども頭痛ダイアリーを記録することによって把握することができるようになります。

スポンサーリンク