朝 頭痛で目が覚める 原因

お酒を飲んだ翌朝頭痛で目が覚めるのは何が原因か

スポンサーリンク

お酒を飲んでいるうちは楽しくて、ついつい飲みすぎてしまうという人は少なくありません。
翌朝頭痛で目が覚めるということもあります。
この頭痛で目が覚めるのは主に3つの原因が考えられます。
血液の流れと共に頭がズキズキ痛む場合には、血管が広がっているために起こる頭痛です。
お酒を飲むと血流が良くなることは良く知られていますが、血管が広がると周囲にある神経を圧迫するために痛みを生じます。
こういった頭痛の場合には広がった血管を元の状態に戻す必要があります。
お酒が血管を広げるように、食べ物や飲み物の中には血管を収縮させる作用があるものがあります。
コーヒーや緑茶のようにカフェインが含まれているものです。
これらを飲む事で、早く血管を収縮させ頭痛を改善することができます。
カフェインが含まれているものは利尿作用があるので、脱水症状を引き起こさないため水を一緒に飲む事が大切です。
また首の血管を冷やすと頭部の血管が収縮するので頭痛を早く治せます。

スポンサーリンク

お酒を飲むと体の水分が減ってきます。
血液中のアルコール濃度を減らすために、体の水分が消費されるためです。
この水分不足が朝頭痛で目が覚める原因となります。
体の水分が不足してくると頭の中にある髄液も減ってくるため、脳が周囲の血管を刺激して頭痛を引き起こします。
こういった場合にはスポーツドリンクなど、体に吸収されやすい飲み物を飲む事で痛みを軽減できます。
お酒を飲んでいる時も、忘れず水分補給をしておくと朝頭痛で目が覚める事もなくなります。
お酒に弱い人や大量に飲みすぎてしまった時には、朝までにアルコールが分解しきれないため頭痛が起こります。
お酒は肝臓で代謝されますが、その途中でアセトアルデヒドという物質を発生させます。
アセトアルデヒドは頭痛の原因になる他、吐き気や発汗などを引き起こします。
こういった場合には水分補給をしながら体を安静にして、アルコールが分解されるのを待つしか方法がありません。
肝臓を守る働きのあるオルチニンなどを普段から摂っておくのも良いでしょう。

スポンサーリンク