頭痛い おでこ 原因 対処法

二日酔いでおでこや頭痛い、その原因と対処法

スポンサーリンク

二日酔いでおでこや頭痛いという症状で悩まされた経験を持つ人は、世の中に少なくありません。
これは何が原因なのかと言いますと、アルコールにより血管が膨張し、脳に圧力がかかるからです。
 では、膨張した血管をどうすれば元に戻せるのかと言えば、おでこを冷やすことです。
これは氷嚢や冷たい水に浸したタオルなどを用いればよいでしょう。
 この対処法のメリットは手軽なことです。
一人暮らしで看病をしてくれる人がいないという人でも、これならば簡単に準備ができます。
 頭痛いという状態をとにかく早く治したいという人であれば、市販の頭痛薬を使うという手段もあります。
これは薬局で簡単に購入できるので、普段から常備しておくとよいでしょう。
 二日酔いで頭痛いと感じる原因としては、アセトアルデヒドがあります。
これは排出できないので、分解を促す成分を含んだものを食べることで処理しましょう。
 ごまが入ったものや味噌汁などで済むので、こちらも簡単な対処法だと言えます。

スポンサーリンク

 二日酔いのときは脱水症状を同時並行で起こすことが少なくありません。
このとき、それが原因で頭痛いと感じたり、吐き気やめまいを覚えることもありますので、水分は多めに取るようにしましょう。
 このとき、いわゆる迎え酒をしてはいけません。
お酒は水分として機能することがあまりなく、かえって症状を悪化させる原因になるからです。
 そのため、水分不足を手早く補えるスポーツ飲料や果汁飲料などを用いるようにしましょう。
これならば早期回復が期待できます。
 血管の収縮を促せる飲み物もあります。
それはコーヒーです。
これを口にするだけで、頭痛いという症状を緩和できるので、それが気分を直す一助になります。
 いずれを用いるにしても、おでこに激しい痛みを感じるほど飲酒をするのは、褒められた行為ではありません。
そのため、これらの対処法を用いる以前に、日頃の生活態度を見直すことが大切です。
 お酒とはほどほどの付き合いをするように心がけましょう。

スポンサーリンク