頭痛 頭頂部 ズキズキ 対処法

アルコールによるズキズキとした頭痛や頭頂部の頭痛の対処法など

スポンサーリンク

アルコールを体内で処理できる量を越えると二日酔いになってしまうことがあります。
アルコールには利尿作用があり、体内の水分が減少してしまうと、頭が痛くなります。
アルコールが代謝されるとアセトアルデヒドという毒性の強い物質になります。
アセトアルデヒドが原因で頭が痛くなってしまいます。
また、アルコールの分解に糖が使われることで低血糖が起こり、頭が痛くなります。
アルコールと頭痛はとても関係が深いです。
アルコールやアセトアルデヒド、日本酒に含まれるアデノシンは血管を拡張する作用があります。
この作用は、良くも悪くも頭痛に影響を及ぼします。
頭痛には大きく分けて3種類あります。
ひとつは筋肉の緊張によるものです。
頭頂部や後頭部から首が痛くなるのが特徴です。
対処法は筋肉のこりをとることです。
この痛みを和らげるに、アルコールが有効となる場合があります。
アルコールなどの血管拡張作用により、頭頂部や後頭部、首や肩の筋肉がほぐれます。
ただし、飲みすぎれば逆効果となります。
また、これは治療法ではないので、頭頂部が痛いからと飲酒するのは良くないです。

スポンサーリンク

もうひとつは偏頭痛です。
側頭部などなどにズキズキとした痛みがあります。
この頭痛は、血管が拡張して炎症が起きているためズキズキと脈を打つように痛くなる特徴があります。
アルコールによって頭が痛くなるのと、偏頭痛は同じ原理なのです。
アルコールによって血管が拡張し、飲みすぎるなど長時間続くと炎症が起き、頭がズキズキと痛くなるのです。
対処法は、血管を収縮させることです。
冷やしたり、カフェインやマグネシウムをとるのが効果的です。
コーヒーが適していますが、コーヒーも利尿作用があるので、飲酒の後は、水分補給を忘れずに行います。
群発頭痛というものがあります。
頭や目の奥などの決まった片側が痛くなる特徴があり、発作のように痛みが現れます。
アルコールをとることで、誘発されると言われています。
発作が起きる期間は飲酒を避けます。
このような原因や対処法がありますが、自分のアルコールの処理能力を越えないようにすることが大切です。

スポンサーリンク