目の奥が痛い 頭痛 めまい 対処法

二日酔いによる頭痛やめまいや目の奥が痛いという症状の対処法

スポンサーリンク

二日酔いで頭痛やめまいが起こるのは、アルコールの利尿作用による脱水症状、アルコールの過剰摂取による低血糖、アルコールを分解するときに大量のビタミンを失うことなどが原因となっています。
また、もともと片頭痛を持っている場合は、アルコールの血管拡張作用によって片頭痛が引き起こされているという可能性も考えられます。
二日酔いによって起こる頭痛やめまいによって気が付きにくい症状となっているのが目の奥の痛みです。
頭痛やめまいがひどいと、自分ではっきりと目の奥が痛いと感じにくくなりますが、過度な飲酒は眼圧が目にかかりすぎてしまい、眼球の内部に異常が起こる可能性があります。
若いうちは目の奥が痛いと感じなくても、年齢を重ねることによって痛みが生じたり病気になったりすることもあります。
また眼圧がかかる状態を繰り返すことによって、目の網膜の病気にかかってしまうこともあります。
二日酔いになるほどの飲酒は避け、二日酔いになってしまった場合は正しい対処法で軽減させるようにしましょう。

スポンサーリンク

頭痛やめまい、目の奥が痛いという二日酔いの症状を軽減させるための対処法としては主に3つのことが挙げられます。
1つ目に、二日酔いに良いと言われている食べ物を食べるということです。
アミノ酸やビタミンBには、胆汁の分泌を促進してアルコールの分解を手助けしてくれる効果があります。
アミノ酸やビタミンBが多く含まれているしじみは二日酔いにとても効果的です。
2つ目に、水分補給をするということです。
二日酔いに特に効果があると言われているのが、コーヒーや果汁入りのジュースです。
コーヒーのカフェインには、頭痛を軽減させたり肝機能を高めたりするはたらきがあります。
果汁入りのジュースは、不足している水分を補うはたらきと肝臓を活発にするための糖分を同時に摂取することができます。
3つ目に、市販の薬を飲むということです。
二日酔いの症状に効く鎮痛剤や胃腸薬を飲み、安静にするようにしましょう。
このように二日酔いを軽減するためには様々な方法がありますが、自分の症状に合った対処法をとることが大切です。

スポンサーリンク