二日酔い 寝る 向き

二日酔いを防止するには 寝る向きが重要

スポンサーリンク

お酒を飲むことは好きですか。
会社の同僚や友人達との飲み会は楽しくて、ついつい飲み過ぎてしまうことも多いのではないでしょうか。
そんな次の日は必ずと言っていいほど二日酔いに襲われます。
頭痛や吐き気に襲われてとても辛いものです。
そして、「また飲み過ぎてしまった」と自己嫌悪に陥ってしまいます。
二日酔いにならないためには、お酒の飲み過ぎに気を付けることが一番ですが、それが出来れば誰も二日酔いで苦労はしません。
しかし、ちょっとした心がけで二日酔いを予防することは出来るのです。
まず大事なのは「飲む前に食べる」ことです。
空腹時にアルコールを摂取すると酔いが早く回ってしまいます。
飲み会に行く前に何かお腹に入れておきましょう。
時間的に余裕がない場合は牛乳を飲むことをおすすめします。
胃に粘膜が張られて、何か食べたのと同じ効果があります。
また、飲むときのおつまみにも気を使いましょう。
肝機能を高めるものを食べることが効果的です。
タンパク質やビタミンが豊富に含まれているもの、具体的にはトマトや冷奴、海老、しまほっけなどです。
ほうれん草やレバーなどにはシステインという悪酔いを防ぐ成分が含まれているので、これもおすすめです。

スポンサーリンク

お酒の飲み方にも注意が必要です。
近年は酎ハイやハイボールなど炭酸が入った飲み物が人気ですが、炭酸はアルコールの吸収を高めるため、悪酔いの原因となってしまいます。
また、カクテルなども飲みやすくついつい飲み過ぎてしまうので注意が必要です。
飲み会はついつい時間が遅くなってしまいますが、翌朝までアルコールが残らないように逆算して切り上げることが大切です。
家に帰ったら、他のことはせずに出来るだけ睡眠時間に割きましょう。
また、寝る前にアミノ酸の接種も効果的です。
アミノ酸は脂肪燃焼を助けるだけではなく、肝機能を高める効果があると言われています。
粉末状のアミノ酸サプリはドラッグストアなどで手に入ります。
また裏ワザとしては寝る時の向きは右側を下向きにして寝るのが良いとされています。
体の右側を下にして寝ることで食べ物を胃から流れやすくし、逆流を防ぐことが出来ます。
寝る時の向きを意識するだけでも翌日の効果は変わってきます。
二日酔いは寝ることが一番です。
6時間くらいはしっかりと眠りたいものです。
以上の方法を実践すれば、二日酔いを心配することなく飲み会を満喫することができるでしょう。
お酒の飲み方や量に気をつけて楽しい時間を過ごしましょう。

スポンサーリンク