二日酔い 吐く 胃液 原因

二日酔いで胃液など吐く原因について

スポンサーリンク

二日酔いの症状には頭痛や体の痛み、だるさなどいろいろあります。
吐き気を感じる人が多く、酷いときは胃液しか吐けない状態になる人もいます。
原因はいくつかあります。
脱水です。
アルコールには利尿作用があり、尿と一緒にナトリウムが排出されてしまうと、血液中の水分量が減ってしまいます。
それにより、消火器系への血流や血液量が減少し消化機能が低下することで吐くという症状が出ます。
アルコールが胃を刺激して胃液が多く分泌さます。
胃液により胸焼けやむかつきが起こり、その結果吐くことになってしまいます。
体内でアルコールが分解されると、アセトアルデヒドという物質が発生します。
アセトアルデヒドには毒性があり、それにより吐き気などが引き起こされます。
また、アセトアルデヒドは分解に時間がかかります。
大量にアルコールを摂取すればそれだけ長時間体内にアセトアルデヒドがあるため、二日酔いが起こり、吐き気の症状が出るのです。
アルコールを分解するのに肝臓は糖を使います。
全身に糖が行き渡らないことで低血糖症になります。
低血糖症の症状の一つが吐き気です。
体が処理しきれない量のアルコールを摂ることが原因で二日酔いが起こり、吐き気が出ます。

スポンサーリンク

アルコールによる二日酔いの吐き気の対処法は、いくつかあります。
水分を補給して脱水の緩和をします。
水でもいいのですが、体内から排出されてしまったナトリウムを補うために、お味噌汁や、お茶や、スポーツドリンクが適しています。
特にスポーツドリンクは効率的に水分補給ができるように作られているので最適です。
吐き気がひどくてもスポーツドリンクなら飲めると言う人も多いです。
体内に残ったアセトアルデヒドの濃度を下げるためにも水分補給が必要です。
また、吐くことで食道が胃酸で痛んでしまうので、胃酸を流すためにも水分をとることが大事です。
低血糖による吐き気には、糖分を補うことが必要です。
糖分と言うと砂糖が思い浮かびますが、砂糖よりも果物に含まれる果糖の方が、糖を素早く吸収できるので優れています。
特にフルーツジュースが良く、その中でもオレンジジュースが優れています。
ただし、ウィスキー、テキーラ、ワイン、ブランデーによる二日酔いは原因が違うため、フルーツジュースは向いていません。
二日酔いの吐き気にはこのような対処法がありますが、一番は自分に適したアルコールの量を守ることです。

スポンサーリンク