二日酔い めまい ふらつき 対処法

二日酔いによるめまいやふらつきの原因や対処法について

スポンサーリンク

アルコールを摂取すると、二日酔いになってしまい、吐き気や頭痛、めまい、ふらつきなどが起こることがあります。
二日酔いにはアセトアルデヒドという成分が関係してきます。
アルコールは肝臓で分解されます。
アルコールは体内でアルコール脱水素酵素によって分解され、アセトアルデヒドになります。
アセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素によって酢酸なります。
酢酸は体内で利用され、水と二酸化炭素になります。
日本人はアセトアルデヒド脱水素酵素の活性が低い人が多いです。
アセトアルデヒドは毒性が強く、分解に時間がかかります。
なので大量にアルコールを摂取するといつまでも体内にアセトアルデヒドが残り二日酔いになるのです。
アセトアルデヒドには血管拡張作用があり、頭痛やめまいやふらつきを引き起こします。
対処法は、水分補給です。
体内のアセトアルデヒドの濃度を下げることが必要です。
また、コーヒーなどカフェインを摂ることで血管を収縮させることができます。

スポンサーリンク

めまいやふらつきの原因は他にもあり、低血糖が挙げられます。
肝臓は糖の調節をしていますが、アルコールを分解するときは、分解に糖を使うようになり、体全体へ糖が行き渡らなくなってしまうのです。
そのため低血糖症の症状が出てきます。
低血糖の症状にはめまいやふらつきの他に、吐き気や頭痛など二日酔いの特有の症状があります。
対処法は、糖を補うことです。
素早く補給や吸収に適しているのは果物に含まれる果糖です。
特にオレンジジュースが最適と言われています。
アルコールには利尿作用があり、それにより脱水状態になり、めまいやふらつきが起こることがあります。
対処法は、水分補給です。
スポーツドリンクや、お茶が良いです。
脱水にならないために、お酒を飲むときにこまめに水分をとる方法があります。
寝る前にも水分補給をするべきです。
また、夏の暑い時期に、水分補給としてビールを飲むことは脱水を悪化させてしまうので危険です。
このような原因でめまいやふらつきが起こります。
対処法を実行するとともに、アルコールは適量にすることが大切です。

スポンサーリンク