安い ワイン 頭痛 原因

安いワインが頭痛の原因になることもある

スポンサーリンク

安いワインを飲むと、毎回頭痛が起こるという人がいますがこれには理由があります。
なぜなら、安いワインには頭痛を引き起こす原因となる成分がいくつか含まれているからです。
まず「亜硫酸塩」です。
亜硫酸塩は、添加物の一つで酸化防止の役割をしている成分です。
ワインが腐らないように防腐剤であったり保存料として使われているのです。
亜硫酸塩は体にとって毒性があり、アレルギー症状や肝臓障害などを引き起こすこともあります。
また頭痛を引き起こす原因は、脳や血管などに作用して身体が拒否反応を起こしているのです。
また人によっては胃痛だったり、吐き気を引き起こすこともあるためこれらの症状が出た場合はすぐに飲むのを止めることが大切です。
特に安い輸入物に使われていることが多いため、これらの症状を引き起こす人はオーガニックや無添加のものを選ぶのがおすすめです。
亜硫酸塩の他にも頭痛の原因となる成分が含まれていることがあります。

スポンサーリンク

ワインに含まれる「ヒスタミン」や「チラミン」が頭痛を引き起こしていることがあります。
ヒスタミンとは、脳の血管を拡張する働きのある成分で、一方チラミンは脳の血管を収縮する働きのある成分です。
これらを総称してアミンと言いますが、アミンには頭痛を誘発する成分が含まれているといわれています。
アミンが含まれる食べ物には、チョコレートやチーズ、スナック菓子などがあげられます。
またコーヒー、紅茶などのカフェインにも含まれています。
アミンを摂取することにより、活性酸素が増加してしまい頭痛の原因となる痛み物質が作られてしまうのです。
また、収縮していた血管がセロトニンが放出されることにより、急激に広がることにより痛みをもたらすこともあります。
そのどちらもワインには含まれているため、頭が痛いという症状を訴える人が多いのです。
またおつまみにワインと一緒にチーズと一緒に食べてしまうと、より痛みを助長してしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク