アルコール 分解 飲み物

アルコール分解を助ける飲み物

スポンサーリンク

仕事やプライベートを含め、アルコールによって二日酔いに見舞われるケースがあり、その原因はアセトアルデヒドと呼ばれる物質が挙げられています。
肝臓で酢酸へとアルコール分解される中で、毒性の物質となるアセトアルデヒドが不快となる吐き気や頭痛などの症状を引き起こします。
またアルコールを分解する役割を担うのは肝臓ですが、生活習慣の乱れから解毒作用が上手く働かないことも原因の1つに挙げられています。
有害なアルコールなどを無毒化する役割を担うものの、飲酒によって処理するスピードが追い付かず、二日酔いの症状を起こします。
また分解される際には乳酸が溜まりやすく、さらに尿酸の影響から脱水症状まで引き起こるために悪酔い予防や改善には中和できる飲み物をこまめに飲むことが大切です。
特にクルクミンを含むドリンクは、アセトアルデヒドの代謝を促してくれるため、飲酒する前後で摂ることが肝臓への負担をかけないポイントとなります。

スポンサーリンク

また、水は体内のアルコール分を薄めたり、排尿で体外に排出させたりでき、飲む前後、飲んでいる時、さらに注意したいのが脱水症状を招きやすいお風呂です。
入浴前後には水分補給は必須ですし、さらに寝る前にも飲むことがポイントです。
水以外の飲み物では、柑橘系の中でもグレープフルーツがオススメで、ビタミンCを多く含み、疲労回復や肝臓の働きを助ける作用も挙げることができます。
またタンパク質には、肝細胞の再生を促してアルコール代謝酵素の活性を高め、アセトアルデヒドの量を抑えてくれるため、魚や肉類などの酒のお供となるおつまみはタンパク質を意識することが大切です。
飲み物には大豆から作られる豆乳がオススメでき、豆乳とお酒を割った飲み方などの工夫も悪酔いしない対策と言えます。
消化や疲労回復に効果があるため、胃痛や頭痛、吐き気などの症状を鎮めてくれたり、胃腸へのダメージも少なく、吸収を抑制させるために胃の粘膜を保護するネバネバ系の納豆やヨーグルトなどを事前に摂取しておくこともポイントの1つです。

スポンサーリンク