二日酔い 吐き気 プリンペラン 効果

二日酔いの吐き気の原因やプリンペランの使用など効果のある対処法

スポンサーリンク

二日酔いは、肝臓でアルコールを分解する機能の限界を超えてしまうことで起こります。
二日酔いの症状は、動悸、頭痛、体の痛みなどいろいろありますが、吐き気を訴える人が多いです。
吐き気の原因はいくつかありますが、4つの原因を説明していきます。
1つ目は、脱水です。
アルコールには利尿作用があります。
尿と一緒に体内のナトリウムが減ってしまうと、血液中の水分量が減ります。
それにより、消火器系への血流が減少し、消化機能が低下し吐き気が起こります。
2つ目は、アセトアルデヒドです。
アルコールは分解されるとアセトアルデヒドになります。
アセトアルデヒドは、毒性が強いこと、分解に時間がかかること、日本人は分解する酵素の活性が弱いことなどから、吐き気を起こします。
3つ目は低血糖です。
アルコールの分解には糖を使います。
分解に糖が使われてしまい、体が必要とする量の糖が行き渡らなくなるため低血糖の症状である吐き気が起こります。
4つ目は、胃酸によるものです。
アルコールが胃を刺激することで胃酸の分泌が多くなり、胸焼けやむかつきが起こります。

スポンサーリンク

効果のある対処法は、まずは水分補給です。
脱水を和らげるためと、体内のアセトアルデヒドの濃度を薄めるために水分をとります。
吐いてしまっている場合は、食道が胃酸で傷んでしまうので、洗い流すために水分をとります。
水でもいいのですが、スポーツドリンクが効果的です。
低血糖の対処法は、糖をとることですが、砂糖よりも果糖が優れています。
果糖はをとるには、オレンジジュースが特に優れています。
ですが、ウィスキーやワインなどの二日酔いは原因が違うので果物のジュースは避ける必要があります。
吐き気が強い場合は、病院を受診するべきです。
病院では、プリンペランという薬を処方されることがあります。
プリンペランは吐き気止めや、胃腸の働きを良くする効果があります。
プリンペランは即効性があり、30分程で効果が現れ、7時間程持続します。
以上のような対処法があります。
一番の対処法は、楽しくお酒を飲めるよう、自分の適量を守ることですが、症状がひどいときは病院を受診するべきです。

スポンサーリンク